トーラック出産とブイバックの違いとは? 失敗するとどうなる?

トーラック ブイバック 出産 違い 失敗

この記事では、コウノドリ2期の4話で話題となったトーラック出産とブイバックの違いについて、解説していきます。

また、トーラック出産が失敗した場合にどうなるかについても解説していきます。

 

そもそも、トーラック出産、ブイバックとはいったい何のことなのか?

トーラックとは「Trial of labor after cesarean section」の略で、頭文字をとってTOLACと呼んでいます。

トーラックは、一度帝王切開で出産した方が、自然分娩である経膣分娩を試みることを指します。

 

一方、ブイバックとは、「Vaginal birth after cesarean delivery」の略で、頭文字をとってVBACと呼んでいます。

ブイバックは、トーラックが成功したことを指します。

 

トライするだけの言葉があるとは、いかに難しいことか想像できますよね。

一度帝王切開で出産された方は、帝王切開の方が安全と言われますが、なぜ、トーラックに挑戦する方がいるのか、見ていきましょう。

 

まず、トーラック出産は、どのような人が挑戦できるのでしょうか?

トーラック出産ができる人には条件があります。

以下をすべて満たしていることが必要になります。

  • 過去に帝王切開を1回のみ経験していること
  • 過去の帝王切開の切り方が横切りであること
  • 帝王切開以外の子宮の手術歴がないこと
  • 児頭骨盤不均衡でないこと、つまり、赤ちゃんの頭と、ママの骨盤の大きさが釣り合っており、スムーズな分娩が妨げられる状態でないこと
  • 緊急帝王切開および子宮破裂に対する緊急手術が可能な状態にあること

つまり、帝王切開をしているもののリスクが少ない方でかつ、緊急施術ができる体制が整った病院であることとなります。

とても細かい条件がありますね。

 

トーラック出産のメリット

帝王切開を回避し、自然出産になることによるメリット

  • 入院期間の短縮
  • 疼痛の減少
  • 出血量輸血量の減少
  • お母さんと赤ちゃんの感染リスクの減少
  • 血栓症発症リスクの減少

帝王切開をしないことによるメリット

  • 癒着胎盤など帝王切開反復による合併症のリスクの減少
  • 次の妊娠での前置胎盤や癒着胎盤の発生率を増加させない

自然妊娠を経験できることによるメリット

  • 陣痛を経験できる

 

トーラック出産のデメリット

デメリットは、ずばり子宮破裂です。

ほかには受け入れ病院が少ないことも挙げられます。

東京都内であってもかなり限られているようです。

子宮破裂と聞くと怖くなりますよね?

大きなリスクがあることがわかります。

 

子宮破裂とは?

子宮破裂とは、妊娠している女性の子宮体部に裂傷ができてしまう疾患を指します。

子宮破裂には2種類あります。

  • 全子宮破裂
  • 不完全子宮破裂

全子宮破裂とは、子宮壁が完全に破れてしまうことを指します。

一方、不完全子宮破裂とは、子宮の外側を覆う膜までは断裂が及ばない状態を指します。

緊急帝王切開を実施したら、赤ちゃんが子宮にいなかったというエピソードもあるほど、子宮破裂は一刻を争います。

 

では、子宮破裂が起きるとどうなるのでしょうか?

母体側の影響

  • 大量出血
  • 子宮全摘出

赤ちゃん側の影響

  • 胎児心拍異常
  • 新生児仮死、死亡
  • 胎児死亡
  • 後遺症

 

子宮破裂=子宮全摘出?

子宮破裂したからといって、子宮全摘出に必ずしもなるわけではないです。

上記に示したように、全子宮破裂の場合等にやむを得ず子宮全摘出になるケースがありますが、子宮を縫い合わせる手術のみでとどめられるケースもあります。

 

トーラック出産の失敗とは?

トーラックが成功するとブイバックになります。

その反対、トーラックの失敗とは、子宮破裂等を起こし、緊急帝王切開になってしまうことを指します。

 

帝王切開経験者の妊婦のうち、40~70%がトーラックに臨み、そのうち60〜80%がブイバック成功するというデータがあります。

帝王切開の経験のない妊婦は、1~2万人に1人、子宮破裂が起きるとされています。

 

これに対し、トーラックの場合は、100人に1人に子宮破裂が起きるというデータがあります。

これはかなりの確率ですよね。

ブイバックがいかに難しいかを示している数字と言えるでしょう。

 

トーラック出産時の体制、制限は?

トーラックの際は、緊急帝王切開に切り替えられる体制が必要ということは上記でお伝えしました。

それ以外にも子宮破裂を起こさないよういくつかの制約があります。

  • 自然陣痛がおきること(促進剤は使えない
  • お産の進みがよいこと
  • 頚管が成熟していること
  • 分娩中ほぼ連続した分娩監視装置による母児の監視
  • 万一の事態に備えた静脈(点滴)ルートを確保

つまり、薬の力を頼らず、自力で出産ができること。

そして万一に備えて母体および胎児の状況を細かく監視すること。

 

まとめ

コウノドリで話題になったトーラックとブイラックの違い、おわかりいただけたでしょうか?

また、トーラックが失敗すると子宮破裂等が起きてしまい、胎児死亡等の大きなリスクがあります。

 

でも、これらのリスクを踏まえた上でトーラックに挑戦し、ブイラック成功した方も大勢います。

大変難しい選択ですが、リスクとメリットをよく考え、挑戦する場合は、応援してくれる病院を選んでがんばってください。

コウノドリ動画