コウノドリ・新井先生の1期の退場や2期での姿を詳しく解説

この記事では、コウノドリで話題となった新井先生の存在について、解説していきます。

 

新井先生のコウノドリ1期での役割のおさらい

コウノドリ1期での役割について、簡単におさらいします。

新井先生は、コウノドリ(2015)に新生児科医として、第4話にて、ペルソナ総合医療センターに赴任してきます。

 

鉄の女の異名をもっている女医。

カンファレンスでも冷たい言葉で下屋を責めたりします。

 

そんな新井ですが、第9話では、小さく小さく産まれた陽介くんを毎日必死に睡眠時間を削り治療

でも、残酷なことに新井の努力もむなしく陽介くんは急変してしまいます。

最後の瞬間まで治療しようとする新井。

 

陽介くんが他界後は、新井先生の様子に異常が現れます。

手術していてもなんだか様子がおかしい新井先生。

そして、ついに病院に来れなくなってしまいます。

 

新井は、陽介くんに一生懸命になりすぎて、その陽介くんを失ったことにより、燃え尽き症候群になってしまったのです。

 

新井先生のコウノドリ2期での役割のおさらい

ついに、コウノドリ2期の第8話で新井先生が登場します。

白川は誤診により、大きな病院に赤ちゃんを運ぶことになりました。

 

白川が同乗して、たどり着いた病院で、白川に突然、誰かがぶつかってきました。

なんと新井先生だったのです。

 

週に2回、大きな病院の小児科で診察をしている新井。

その新井の病院に白川が偶然訪ねていたのです。

 

誤診に落ち込む白川を優しく励ます新井

白川を励ますとは、新井先生の成長を感じるシーンですよね。

鉄の女の姿はもはやないと言えるでしょう。

 

新しい病院での子供たちへの診察も優しさがあふれていました。

でも、残念なことに、新生児科医は辞めてしまったのですね。

 

新井にお礼の電話をかけるサクラ。

いつでも遊びにきてくださいね、と優しく新井を誘うサクラ。

いつも優しくて気遣いが本当に素晴らしいですね。

 

皆さん待望の新井先生の再登場。

嬉しい第8話となりました。

 

コウノドリで新井先生を演じる山口紗弥加さんはどんな人?

ねねさん(@cb__nene)がシェアした投稿


山口沙弥加さんは、1980年2月14日生まれ。

福岡県出身。

 

1994年:14歳の時に、日清のCM「どん兵衛」に出演。

14歳で芸能界デビューしていたのですね!

 

山口紗弥加さんのドラマの代表作は?

同年:「若者のすべて」(フジテレビ系)に出演し、ドラマデビュー。

その後、数々の映画、ドラマに出演しています。

代表作として、以下をご紹介しますが、ドラマだけで2017年現在で通算約80本

 

1995年:花嫁は16歳!(テレビ朝日系)

1998年:歌手デビュー

1999年:可愛いだけじゃダメかしら?(テレビ朝日系)

2003年:舞台「オイル」

2004年:「僕と彼女と彼女の生きる道」(関西テレビ)

2005年:「anego」(アネゴ)(日本テレビ系)

2015年:「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)

同年:「リスクの神様」(フジテレビ系)

 

約80本もドラマ出演しているのですね。

特に近年は人気があり、いろいろなドラマにでていますね。

 

山口紗弥加さんの映画の代表作は?

映画出演はなんと約15本もあります。

ほかにも舞台約8本、その他バラエティ、CMやラジオで活躍しています。

 

代表的な映画の作品としては、以下をご紹介します。

2009年:「のだめカンタービレ 最終楽章前編」

2015年:「エイプリルフールズ」

 

山口沙弥加さんの多方面での活躍がわかりますね。

 

コウノドリで新井先生がなってしまった燃え尽き症候群とは

新井先生は、燃え尽き症候群になりましたが、燃え尽き症候群とはどのようなものなのでしょうか?

 

燃え尽き症候群とは、一定の生き方や関心に対して、献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果、感じてしまう徒労感または欲求不満を指します。

慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。

一種のうつ病になります。

 

コウノドリの新井先生の燃え尽き症候群をより具体的に

新井先生は、燃え尽き症候群によって、病院にこれなくなったと言えるでしょう。

その理由を燃え尽き症候群の定義と新井先生の状況とを比較して検証してみます。

 

  • 燃え尽き症候群の定義→新井先生の状況

一定の生き方や関心に対して→陽介を助けたい気持ち

献身的に努力した人→新井は毎日徹夜状態で治療を続けた

期待した結果が得られなかった→陽介の死

徒労感または欲求不満→患者に向き合うのが怖くなり、手術でも手が震えたり、仕事に影響が出る体の不調が発症。

 

 

こうしてみると新井先生は、燃え尽き症候群の症状が出ていたのがよくわかります。

燃え尽き症候群は一生懸命努力している人に誰でも起こりうる怖い症状です。

燃え尽き症候群にならないよう、思いつめすぎないことも大事なことだと思います。

 

まとめ

コウノドリ2期に再登場して話題になった新井先生。

新井先生が陽介くんが亡くなった後、病院に来れなくなったのは、燃え尽き症候群だったことがわかりましたね。

 

燃え尽き症候群で病院にこれなくなった新井ですが、第2期のコウノドリでは、週2回病院勤務を続けられていることが判明しました。

時間をかけて、前に進めるようになった新井先生の今後の活躍が楽しみですね。

コウノドリ動画
関連記事